コンテンツへスキップ

会則

The Japanese Standing Conference on Organizational SymbolismJSCOS)会則

 

設立趣旨

The Standing Conference on Organizational Symbolismとの連携を図りながら、日本におけるOrganizationに関わるSymbolism, Culture, Methodologyに関する研究の発展と促進、および研究者の育成を図る。

 

(名称)

第1条

本会はThe Japanese Standing Conference on Organizational Symbolism(JSCOS)と称する。

(目的)

第2条

本会の目的は次の通りである。

  1. Organization, Symbolism, Culture, Methodology等に関する研究
  2. Organizational Studies 研究者のネットワークの構築
  3. 研究者の育成
  4. Organizational Studiesに関する内外の学会およびその他の関連団体との連携

(事業)

第3条

本会はつぎの事業を行なう。

  1. 毎年1回大会を開催し、研究の発表および討論を行なう。
  2. 必要に応じて研究会を開催する。
  3. 機関誌を発行する。
  4. その他本会の目的を達成するために適当と認められる事業を行なう。

(会員)

第4条

  1. 本会は組織について研究する者をもって構成する。
  2. 本会に入会を希望する者は、大会に参加することができる。

第5条

会員は別途に定める。

(役員)

第6条

本会にはつぎの役員を置くことができる。任期は3年とし、再任を妨げない。

  1. 会長 1名
  2. 副会長1名
  3. 理事 若干名
  4. 会計監事 2名
  5. 幹事 若干名

第7条

会長および副会長は理事の中から互選する。

第8条

理事および会計監事は総会において会員の中から互選する。

第9条

幹事は会員の中から理事会の承認を得て会長が委嘱する。

第10条

会長は本会を代表し、会務を総括する。副会長は会長を補佐し、会長に不在のときはこれを代行する。

第11条

理事は理事会を構成し、本会を運営する。

第12条

会計監事は会計を監査し、総会でその結果を報告する。

第13条

幹事は理事を補佐する。

(会員総会)

第14条

本会は毎年1回会員総会を開催する。

第15条

会長が必要と認めるとき、および会員の3分の2以上が請求する場合には、会長は臨時会員総会を開催する。

第16条

会長は会員総会の議長をつとめる。

第17条

本会の会計年度は毎年10月1日に始まり翌年9月30日とする。

(付則)

第19条

本会の事務執行に必要な事項は理事会が決定する。

第20条

JSCOS事務局は、以下におくものとする。

JSCOS 学会事務局

所在地: 〒101-8301東京都千代田区神田駿河台1-1

明治大学経営学部 高橋正泰研究室

電子メール: jscos2018@gmail.com

第21条

本会は2018年8月17日をもって設立したものとする。

 

*本会則は2018年12月9日をもって施行する

以上

Last updated , December 15, 2018

© JSCOS, 2018

 

【内規】

 

  1. 入会規則は次の通りとする。

(1)大学その他の研究機関に所属し、Organizational Studies又は関連領域の研究者

(2)会社等においてOrganizational Studiesに関する業務に従事する実務家

(3)本会の目的に賛同し、また年次大会に参加し、理事会が会員たる資格を有すると認めた者

(4)本会の目的に賛同する法人および団体

  1. 会費について

会費については、年1回の年次大会時に大会参加費として10,000円(院生は7,000円)を納める。

なお、JSCOSの機関誌およびサービス等を受けたい者は、年に1回5,000円(院生の場合は、2,000円)を収めることによりJSCOSを利用することができる。