コンテンツへスキップ

Home

【第3回 JSCOS Conference(2019年12月21日)開催案内】

日時:2019年12月21日(土)午後1時~

参加費(当日払):10,000円
Keynote Speaker: Hugh Willmott(Cardiff Business School/Cass Business School)
詳細・申し込みはこちら

 

Call for Paper: The Journal of Organization and Discourse

The Journal of Organization and Discourseの論文投稿を受け付けます。
締切は、2019年12月31日となります。投稿に関する詳細は、こちらをご覧ください。

また応募は、こちらからお願いします。

皆様の応募をお待ちしております。

 

【2019年度 JSCOS Conference(2019年12月21日)発表者募集】

日時:2019年12月21日(土)午後

参加費(当日払):10,000円
Keynote Speaker: Hugh Willmott(Cardiff Business School/Cass Business School)
●発表者募集
2019年度 JSCOS Conferenceを12月21日(土)に明治大学で開催します。キーノートスピーカーとして,CMS研究の第一人者Hugh Willmott先生をお招きする予定です。
このConferenceでの報告者を募集します。できれば,英語でのご報告を,どうしても英語は厳しいという場合は,日本語でも結構です。
ご報告をご希望の方は,11月30日(土)までに,contact usから報告タイトルをご連絡ください。報告時間は,質疑応答込みで,40〜45分を予定しています。

 

【ガーゲン先生講演会のお知らせ(2019年10月24日)】

“Social Constructionism in the Contemporary Society: Theory and practice”
 ケネス・J・ガーゲン 博士(スワスモア大学名誉教授,シニアリサーチャー)
●講演の概要:
 本講演では「『本質的で客観的な真理』は人間にとっては直接観察不能であり、何らかの枠組みによって観察されざるをえない」の立場にたち、社会構成主義という世界の新たな見方を概説する。その上で、社会構成主義を研究や実践へどのように応用していくのか説明していく。
●日時:2019年10月24日(木)17:10~19:10
*講演2時間のうち、初めの1時間はガーゲン先生による講義、残りの1時間はフロアとのディスカッションとなります。
●場所:明治大学駿河台キャンパス グローバルフロント3階 4031教室
●司会:清宮徹(西南学院大学教授)
●コメンテーター:Mary Gergen(社会心理学者),高橋 正泰(明治大学教授)
●使用言語:英語(日本語通訳なし)
●参加対象者:学部生、大学院生、教職員、一般(入場無料・申込不要)

 

【デルブリッジ先生講演会のお知らせ(2019年10月5日)】

講演者:Rick Delbridge教授(カーディフ大学)
講演タイトル: Examining Organizational Deception
日時:2019年10月5日(土)午前11時から12時まで。その後時間の許す限りランチ
場所:明治大学駿河台キャンパス グローバルフロント4021教室

 

【 2018 年度 第 2 回 組織ディスコース研究部会(IMI 研究会)/第 3 回 JSCOS 合同カンファレンス開催のご案内 】

時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて,以下の日程で 2018 年度 第 2 回 組織ディスコース研究部会(IMI 研究会),ならびに企業見学を開催します。なお,今回の部会は第 3 回 JSCOS との合同研究部会となります。是非とも,ご参加ください。

●合同研究部会: 2019 年 3 月 23 日(土) 14 時 30 分~17 時 30 分
(なお,13 時より,部会ミーティングを開催しますので,ご参加ください。)
会場: 沖縄大学(教室は調整中)

研究発表:
1) 「CMS のパースペクティブ」報告者: 高橋 正泰(明治大学)

2) 「制度的神話の崩壊と再構築―日本における農業組合に着目して―」
報告者: 鈴村 美代子(明治大学),髙木 俊雄(昭和女子大学)

※ 研究会終了後には懇親会を開催しますので,こちらも是非ともご参加ください。

●企業見学: 2019 年 3 月 24 日(日) 14 時〜
有限会社インターリンク沖縄
「金武鍾乳洞の古酒蔵」
沖縄県金武町字金武 245 番地 TEL 098-968-8581

 

The purpose of establishing The Japanese Standing Conference on Organizational Symbolism (JSCOS)

 

The Japanese Standing Conference on Organizational Symbolism (JSCOS) is due to be launched in the summer of 2018. We are preparing to establish a Japanese version of the European Standing Conference on Organizational Symbolism (SCOS), which already has over a 35-year history. There is also the Australasian Caucus of the Standing Conference on Organizational Symbolism (ACSCOS) that conducts similar activities in Australia and New Zealand.

JSCOS will be positioned as a conference that researches the field of organizational theory in Japan from an international perspective. By broadly conceiving organizational discourse in terms of organizational symbolism and critical management, JSCOS aims to be a place where researchers can actively debate theories regarding organizations in friendly competition from a wide range of perspectives. This will not only be limited to qualitative analyses based on a broadly defined understanding of social constructivism, but will more widely include quantitative analyses grounded in logical positivism and critical rationalism. In particular, JSCOS is planning to focus on methodological research, which has been weak in Japan, and debate both theory and methodological approaches such as empirical analysis. Furthermore, in order to promote the internationalization of research, we are thinking of positioning JSCOS as an international conference and having its proceedings conducted in English. We also intend for JSCOS to help develop Japanese business administration internationally, especially through the training of young researchers.

Furthermore, we are planning to release “The Journal of Organization and Discourse” (tentative name) as an international publication in English with the aim of securing an impact factor from the publisher SAGE.

The SCOS general meeting will be hosted at Meiji University in 2018 from August 17 to 20, and we plan to hold the founding meeting of JSCOS on this occasion.

We aim to develop this conference not only in Japan but more broadly in Asia through coordinating with SCOS and ACSCOS.

We hope that many of you will be able to participate in JSCOS.

 

April 18, 2018

 

Professor Masayasu Takahashi

School of Business Administration

Meiji University, Japan

 

Proponents

Toru Kiyomiya, Seinan Gakuin University, Japan

Aki Nakanishi, Meiji University, Japan

Thomas Lennerfors, Uppsala University, Sweden

Masato Yotsumoto, University of Nagasaki, Japan

Takaya Kawamura, Osaka City University, Japan

Yasushi Masuda, The Graduate School for the Creation of New Photonics Industries, Japan

Hiroshi Otsuki, Waseda University, Japan

Makoto Fujita, Waseda University, Japan

Naoki Watanabe, Keio University, Japan

Koji Ohira,  Meiji Gakuin University, Japan

Yoshiaki Fukami, Rikkyo University, Japan

Katsuki Aoki, Meiji University, Japan

Kumiko Obara, Hiroshima Prefectural University, Japan

Hitoshi Iwashita, Cardiff University, UK

HSU Yu-Hsu Sean, NUCB Business School, Japan

Hajime Ushimaru, Meiji University, Japan

Atsushi Sumi, Meiji University, Japan

Mariko Kishi, Hosei University, Japan

Takahiro Nishi, Meiji University, Japan

Toshitsugu Takai,  Muroran Institute of Technology, Japan

Yukihiro Wakuta,  Nagoya University, Japan

Yasushi Fukuhara, Senshu University, Japan

Motokazu Udagawa, Saitama University, Japan

Masashi Kurosawa, Kobe Gakuin University, Japan

Toshihiko Sato, Meiji University, Japan

Naoki Teramoto, Takushoku University, Japan

Natsuko Matsuno, Kushiro Public University of Economics, Japan

Ryuichi Murasawa, Meiji University, Japan

Yutaka Hirakawa

Shoko Ikeda, Meiji University, Japan

Takahiro Endo, Hitotsubashi University, Japan

Akira Kimata, Niigata University, Japan

Toshio Takagi, Showa Women's University, Japan